2019.12.20
「1番になれ」── dely 堀江さんの教えを忠実に。24歳、家具サブスクでの大勝負

「1番になれ」── dely 堀江さんの教えを忠実に。24歳、家具サブスクでの大勝負

「delyの堀江さんやFiNCの溝口さんは、勝手に師匠だと思っています」。家具のサブスク『airRoom』を立ち上げた大薮雅徳さん。少しでも早く経営を学びたいと、大学を飛び出しスタートアップへ。24歳で手にした起業家の夢。礎となったのは、「ナンバーワンになれ」という在りし日の教えだった。

24 10 13 0

全2回の連載でお送りいたします。
[1]IKEAじゃ買えない家具のレンタル体験を。『airRoom』の戦い方
[2]「1番になれ」── dely 堀江さんの教えを忠実に。24歳、家具サブスクでの大勝負

「1番だ」と胸を張れないなら、起業するな。

── そもそも、起業はいつ頃から考えていたのでしょう。

「いつか起業したい」というのは、高校生の頃から思っていたんです。1日でも早く経営者になりたくて。大学ではファイナンスや経営を学びながら、インターンもしていました。

最初のインターン先は、当時まだ5~6人だった立ち上げ期のdely。「クラシル」のサービスはなくて、フードデリバリーの事業をやっていた頃ですね。営業からマーケティング、メディア運用、それに配達業務まで……何でもやりました。

CEOの堀江裕介さんから言われた言葉で、今でも覚えていることがあって。

「起業して成功したいならナンバーワンになれ」

ナンバーワンじゃないと、人も集まって来ないし投資もしてもらえない。「これだ」と胸を張れるものがないなら、お前は起業しないほうがいい。絶対失敗するから。

そう言われたんです。

その頃は、ちょうどdelyがフードデリバリー事業を撤退するタイミング。堀江さんは、身にしみていたのかもしれません。

そこから堀江さんは飛躍するわけですが、僕はヘルステックベンチャーFiNCのインターンへ。プロの経営を間近で学びたい。そして、ナンバーワンになりたい。FiNCは優秀な人材をたくさん集めて注目を浴びていたので、ここだ、と思ったんです。

【プロフィール】大薮雅徳(おおやぶ・まさのり) 1995年7月生まれ。法政大学中退。delyにてフードデリバリーサービス『Dely』の立ち上げ経験。その後、FiNCにてダイエットアプリ『FiNC』のiOS/Web開発に従事する。2018年5月、Elaly創業。 「テクノロジーで世界中の人々のライフスタイルを、より良いものに」というビジョンのもと、家具のサブスク『airRoom』を運営する。

大学を辞めた。全てはナンバーワンになるため。

── FiNCのインターンは、すんなり入れたのですか?

それが……いざFiNCの求人を調べたら、エンジニアしか募集してなかったんです。

経験も知識もいっさいありませんでしたが、申し込むのは自由だ!と応募。そしたら、なぜか選考に通って(笑)。

ただ入ってみたら、やっぱり周りがすごく優秀だった。東大早慶の学生しかいないわけです。地頭で比べたら、もう負けですよね。そんな中で勝たないといけない。ナンバーワンにならなければここに来た意味がない。

朝から1日中フルで会社にいて、泊まり込みくらいの勢いで働くことにしました。結局、大学もそれで辞めたんです。学校に行く時間さえ惜しい。とにかく量で周囲と差をつけるしかない、と腹をくくって。

だいたい3年くらい働いて、ようやく社内の年間MVP賞がもらえた。なんとか「1番」になれたんです。このタイミングで独立しようと、心を決めました。

「影響力を持った人になりたかった」と大薮さん。生まれや育ちに左右されず、努力でなれて、影響力が発揮できる存在として「経営者」の道へ。「家具サブスクのマーケットを作り上げていく上で、リーディングカンパニーとなる。上場も絶対条件」と語ってくれた。2019年の7月には1億円の資金調達を実施。ブランドバッグレンタルの『Laxus』児玉昇司氏、カメラレンタル『Rentio』に出資しているSmartly.ioの坂本達夫氏、メルカリ元CTO柄沢聡太郎氏などにも協力を仰ぎ、成長を目指す。

「格差」に屈したくない。

── 経営者を目指す、原体験はあったのでしょうか?

そもそも僕が経営者を目指したのは、経済力に関係なく誰もが平等に「機会」を得られる社会をつくりたい、と思ったのがきっかけで。

お金がないって、本当に何もできないんですよね。経済力がないと、いかに人生の選択肢が減るか。

僕自身、家庭環境に恵まれているとは言えない幼少期を過ごしてきたので、強く感じます。どんな家庭に生まれるかで、人生は決まってしまうのか。ホントにそれでいいのかって。

お金が原因で体験できないことがあるのは、悲しすぎる。じつは「家具サブスク」をやろうと思った原点もここにあります。信用さえあれば、経済力に関係なく、心が豊かになる生活を誰もが送れるようにしたいんです。生き方を選びとること、理想とする生活ができること、少なくともここは平等にしたい。

なので、僕らがやっていくのは「家具レンタル」じゃない。ゆくゆくは家具だけでなく生活の全方位をカバーする。「ライフスタイルのサブスク」を実現したいんですよね。そういった意味でいうと、『airRoom』はまだまだ通過点だと思っています。

正直、目指す山が高すぎて僕もまだ見えてはいません(笑)

でも絶対に成し遂げます。そのためには、泥水を啜ろうと何でもする。delyやFiNCでの修行は、その「覚悟」を決めるための時間だったのかもしれません。


編集 = 白石勝也
取材 / 文 = 長谷川純菜


関連記事

特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから