2020.01.28
僕らは「綺麗なもの」に拒絶反応を示す|CBD飲料ブランドの戦略

僕らは「綺麗なもの」に拒絶反応を示す|CBD飲料ブランドの戦略

渋谷駅の高架下に、オープンしたCBDコーヒーショップ。集うのは、肩のチカラが抜けた若者、そしてクリエイターたち。仕掛け人、柳田結人さんが掲げるのは「リアルなクリエイティブ」。ブランドのつくり方を聞いた。

92 1 4 0

全2本立てでお届けします!
【特集】渋谷駅前”CBDコーヒーショップ”の全貌
[1]「僕らの世代にエナジードリンクは合わない」CBDコーヒー片手に、仲間とチルを。
[2]僕らは「綺麗なもの」に拒絶反応を示す|CBD飲料ブランドの戦略

「CBDが怖い」のは、売り方が怪しいから

ーCBDは安全であるにも関わらず、「怪しいものだ」と見られてしまうのはなんでなのでしょうか?

「リラックス効果めっちゃあります」みたいな広告よくありますし、怪しいですよね。

世の中に出回っている多くの商品は、富裕層向けの美容・健康商品みたいな文脈で売り込んでいてクリエイティブも怪しい。リスティング広告でガンガン回して、短期的に収益を上げるものが多い。しかも、海外の商品をそのまま代理販売するだけです。

でも、そこは僕たちが「怖いけど、試してみようかな」って思ってもらえるように変えていきたいなと。もっとクリエイティブや思想を若者に共感できるものにして、「CBDってめちゃイケてる」っていうイメージをつくっていきたいと思っています。

綺麗なものに、僕らは拒絶反応を示す

ーたしかに、「Creative Nuggets」のビジュアル、すごくおしゃれですよね。

+++

ありがとうございます。ロゴからビジュアル撮影も画像の加工も全部チームでやったのでうれしいです。

もともと初期段階では、CBDに抵抗のないヒップホップが好きな層に対して届けたかったから、一定レベルのアンダーグラウンド感を意識しました。

少し退廃的な若者というか。ちょっとつまらなそうな表情で、空虚な場所とかを選んでやりました。イメージとしては、僕の好きなアーティストMura Masa(ムラマサ)を参考にしています。

ブランドのデザインをつくる上で参考にした、Mura MasaのMV『No Hope Generation』

ーあえて、きれいにしすぎないようにしたと。

世代で区切るのは好きじゃないのですが、平成に生まれた僕らって社会に期待を抱いていないんです。生まれたときから世の中は暗いし、金もない。そういう時代を生きてきたから、「世界ってすごいハッピーだよね」ってアプローチのクリエイティブに拒絶反応を示すんです。だって嘘だし、堅苦しい。全然リアルじゃない。今の時代、そういうものは受けないと思うんです。

+++

つらくても、明日もまた生きようと思えるために

ー 最後に、今後の展望について教えてください。

店舗での販売は今後も継続しつつ、半年以内に東京都内のシーシャ屋さんとかコワーキング、フィットネスジムとか、toB向けの展開を強化する予定です。またtoCのプロダクトも順次リリースしていく予定です。いずれCBD入りのタバコのブランドもつくりたいですね。

CBDは市場的にどんどんデカくなるし、VCも注目領域なのでいろいろなプレイヤーがどんどん出てくるはずです。その中でも僕らは市場でなくカルチャーから入って来た人間です。僕らのようなスタイルはカンタンには真似できないはず。

もちろん事業として売上を立たせることは目標にしていますが、個人的には「自分は駄目だと思っている人、恵まれなく絶望している人達に、明日もまた生きようって思える程の希望を与えたい。絶望した人間の希望の光でありアイコンでありたいと思っています。僕の人生をかけたプロジェクトでもあります。

その思いは、「Creative Nuggets」というブランド名にも込めていて。

実は僕、上京したときに、お金がなくて…。恵比寿のマクドナルドに捨てられているチキンナゲットを貪って空腹をしのいでいた時期があったんですね。恵比寿って金持ちが多いから、チキンナゲットを残す人が多くて、捨てられるチキンナゲットが、社会から排斥されている自分のように見えたんです。

当時の僕は人にバカにされることが多くて、評価してくれる人がいなかった。Nuggetsは、そんな自分を揶揄する言葉なんです。

でも、Nuggetsって英語で金塊っていう意味があるんです。価値のない人なんていないし、きっと評価される場所も輝ける場所もある。昔の僕みたいに、社会に居場所をなくした人たちに「自分に価値があるんだ」ってもらいたい。

+++

>>>[1]「僕らの世代にエナジードリンクは合わない」CBDコーヒー片手に、仲間とチルを。



文 = 田尻亨太
取材 / 編集 = 野村愛


特集記事

イノベーターたちの「習慣」と「実践」

『7HACKS』は世の中を沸かし、仕掛けつづけるイノベーターたちの「習慣」と「実践」に迫るキャリアハックの特集です。イノベーターたちの知られざる日々の習慣から、読書法、自らに課したマイルール、ライフハック、仕事に対する考え方まで、幅広くご紹介。明日からの仕事への活力が湧いてくる、そんなコトバと共にお届けします。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから