WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

CAREER HACK

「あと払い」で旅に出よう ――『CASH』仕掛け人が企てる新サービス『TRAVEL Now』

2018-06-28

「あと払い」で旅に出よう ――『CASH』仕掛け人が企てる新サービス『TRAVEL Now』

『TRAVEL Now(トラベルナウ)』は、“あと払い”で旅行に行ける新サービス。例えば「今は手持ちのお金がない」という時も気軽に旅行へ。一体どんな仕組み? 仕掛けたのは、DMMに70億円で即時買取アプリ『CASH』を売却したバンク社。代表である光本勇介さんに、サービスの狙いについて伺った。

TRAVEL Now(トラベルナウ)|『CASH』の次に仕掛ける「あと払い専用・旅行代理店アプリ」

TRAVEL Now

DMM社が70億円で買収した即時買取アプリ『CASH』、運営元であるバンク社が手がけるサービスの第二弾

あと払いで、今すぐ旅行ができる――それが「TRAVEL Now」

利用に必要なのは、事前の電話番号登録のみ。わずか数タップで旅行予約ができる。さらにユニークなのが、旅行代金は2ヶ月先までなら自分の好きなタイミングで支払えるということ。

収益モデルは、仕入れた旅行商品に販売手数料を上乗せするという、いたってシンプルなもの。手数料は、予約時の提示金額に僅かながら含まれて販売される。

また、仕入先はエボラブルアジアなど。現在取り揃えている、旅行商品は4000種類にもわたるそうだ。

新たな挑戦への思いを、バンクの代表 光本勇介さんに伺った。

TRAVEL Nowの特徴

お金がなくても旅行にいく新たなユーザー層を狙う

これまで旅行市場で存在していたのは、いまお金がある人のためにあるもの。いわゆるOTA(Onlline Travel Agent)市場はとても大きく、流通額は数十兆円単位にも及ぶ。代表的な海外サービスとして知られるのは『Expedia』や『Booking.com』日本では『楽天トラベル』や『じゃらん』がこれにあたる。

ただ「TRAVEL Now」が創ろうとしているのは、いまお金がない人が旅行に行くという市場だ。「既存の市場から流通やユーザーを奪うものではない」と光本氏は話す。

TRAVEL Nowの特徴

旅行は ”いま” という時間軸が重要

お金を今払うにせよ、あとから払うにせよ、旅行へ行くぶんには変わらないのではないか。ところが「旅行は”いま” いくことに価値がある」と光本氏は語る。

「旅行は今という時間軸が重要なんです。今月たまたま仕事が落ち着いていて休みが取れそうだとします、でもそのときにお金がないと諦めざるをえないですよね。それってすごくもったいない。今この瞬間、旅行という”冒険の機会”を我慢したり逃さざるを得ない人が世の中にとても多くいると思うんです」

TRAVEL Nowのステートメント

小額の資金ニーズを満たす

もともとは、アイテム買取アプリ『CASH』を主力事業としてきたバンク社。旅行代理業とは少しかけ離れているようにも感じる。なにか共通項はあるのだろうか。

「『CASH』が支持されたのは、数千円、数万円という小額の資金にニーズがあったから。いまお金をほしいというニーズはいろんな領域に眠っていて。旅行もそのニーズの1つです。

たとえば、GWに旅行へ行こうと思った人がいたとします、でもお金がないことを理由に外へはいかず家でじっとしているしかない。こんな状況になったときに、消費者金融に行って数十万のお金を借りまで旅行へいこう... とは思わないかもしれない。旅行費に使うだけの3万円なら借りたい、こういったニーズは大いに考えられます。

バンク社はこれからもさまざまな見せ方や切り口で、小額の資金ニーズを満たす「お金」に関するサービスを創っていく予定です」

性善説に基づくマス向けのサービスを作りたい

光本さんインタビュー

ユーザーを全力で信じてお金を配ったり、旅行を提供していく。審査や複雑な手続きのコストをとっぱらったときに、どんな世の中になるのか。

最後に聞けたのは事業に対する思いだー。

「1年間、CASHでは人を信じて、いろんな可能性を見出してきました。性善説に基づくサービスが成りたつのか。これをマスの単位で実験してみたい。やはりベンチャーとして、新しいビジネスの形態や手法というのを自分の手で作ってみたいんです」

フラッグ



CAREER HACK をフォロー

タグ一覧