WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

CAREER HACK

2016年を総ふりかえり! 2017年に向けて勇気がもらえる記事まとめ13選

2016-12-26

2016年を総ふりかえり! 2017年に向けて勇気がもらえる記事まとめ13選

もうすぐ2017年! 2016年にCAREER HACKで掲載した記事を振り返ると共に、2017年に向けて「一歩を踏み出す勇気がもらえる」インタビュー記事13選をお届けします。ぜひ忘年会の帰り道や冬休みのお供にどうぞ!

「子育てするお母さんをひとりぼっちにしたくない」現役小児科医が《小児科オンライン》をつくった理由
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/676

CAREERHACK_2016

「子どもが30分泣きやまないんですけど、大丈夫ですか」。子どもについての質問や悩みを小児科医に相談できるサービス《小児科オンライン》には、子育ての不安が多く寄せられます。このサービスを生み出したのは現役小児科医の橋本直也さん。なぜWebサービスをつくったのか?原体験となるきっかけ、思いを伺いました。

佐藤ねじ、独立。カヤックで育った、ひとりのクリエイターの分岐点
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/684

CAREERHACK_2016

「佐藤ねじ、カヤック卒業」というニュースが飛び込んできた。アートディレクター/プランナーとして実績を残してきたねじさん。なぜツワモノ揃いのカヤックを辞め、独立を決意したのか。ひとりのクリエイターの分岐点に迫る。

漫画家 宮川サトシの生きる道|難病との闘い、Webとの出会い、情熱大陸への想い。
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/685

CAREERHACK_2016

オモコロで連載中の『情熱大陸への執拗な情熱』が人気の漫画家 宮川サトシさん。情熱大陸愛と共に作品に込められた宮川さんの”生”への執念とは。そして、人生を変えた“死と向き合った経験”とは。漫画家 宮川サトシと共に「生きる」ということについて考えたい。

「絶対におれはやれる」という勘違い力を磨こう。アドウェイズ 岡村陽久の考え方
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/635

CAREERHACK_2016

思いきった若手の人材登用で知られるアドウェイズ。20代で役員に任命されたり、いきなり新規事業に新卒社員を抜擢したり。同社成長の裏側には人材登用・育成に対する独自のスタンスがあった。常に人材が不足しているWeb業界、どう「人」と向き合うか。アドウェイズ代表岡村陽久氏に伺った。

AbemaTVの舞台裏! テレビ朝日とサイバーエージェントはなぜ融合できたのか? 宮本博行×卜部宏樹
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/673

CAREERHACK_2016

AbemaTVが好調らしい。テレビ朝日とサイバーエージェントのハイブリットチームで運営しているそうだが、そこに衝突はなかったのか。テレビ朝日の宮本博行さん、サイバーエージェント出身の卜部宏樹さんを直撃。…ぶっちゃけケンカとかないんですか?

路上生活したり、彼女を寝取られたり…ダメ人間だった僕を変えてくれたWEBの世界|カメントツ誕生秘話
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/641

CAREERHACK_2016

WEB漫画家《カメントツ》。ナゾの仮面を装着し、体当たり取材をもとにした作品を次々に発表している人気の漫画家だ。しかし過去には路上で生活したり、恋人を寝取られたり、と苦い経験も多い。彼はいかにして今日の生き方にたどり着いたのか。その半生に迫る。

エンジニアと健全なバトルをしてますか? Increments 及川卓也が語る優秀なPMの条件
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/724

CAREERHACK_2016

MicrosoftやGoogleでヒットプロダクトの開発に関わってきた及川卓也さん。現在、プロダクトマネージャーが育つ土壌づくりを推し進める。なぜ、業界全体での底上げに取り組むのか?及川さんのインタビューを通じて見えてきたのは、日本のITをより強くしたいという及川さんの思いだった。

グッドパッチ 日比谷すみれの仕事術! IFTTT&ノートを駆使した情報インプットの極意とは?
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/716

CAREERHACK_2016

いま、もっとも注目をされている若手クリエイターのひとり、グッドパッチのプロダクトマネージャー、日比谷すみれさん。じつはノート、ルーズリーフ、Evernote、手帳を駆使し、インプットの達人だった!?多くの情報が洪水のように溢れ、刷新される今こそ必見。若きトップクリエイターたちの仕事術を公開!

LINEの大ヒットも通過点!? 33歳でLINE社の最年少執行役員になった稲垣あゆみのキャリア論
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/644

CAREERHACK_2016

今では誰もが知る「LINE」、アプリリリース当初から企画・開発をリードしてきたのが稲垣あゆみさんだ。先日33歳という若さで執行役員に就任した彼女。ここに至るまでにはどんな道のりがあったのか?彼女の原点とは?

仕事も育児もあきらめない。結婚・出産前からできること|NPO×企業で生まれる対話の場
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/660

CAREERHACK_2016

仕事と育児を両立できる社会をつくるために、企業・個人ができることは何か?その答えを探るべく、NPO法人『ぱぱとままになるまえに』の西出博美さん、セプテーニの『hug-kumi委員会』のみなさんと話してきました

「今日死んでも後悔したくない」 病気と挫折で決断した、起業家という人生。Lip 関口舞
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/648

CAREERHACK_2016

20代の女性起業家として知られる関口舞さん。会社員時代の挫折、そして起業のきっかけについて伺いました。9枚の画像で2015年を振り返ってInstagramに投稿できる「#2015bestnine」、そしてマッチングアプリ「nine」の裏側には関口さんの原体験も?

メタップスが学生ベンチャーを買収! 22歳の現役大学生、留田紫雲がバイアウトするまで。
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/693

CAREERHACK_2016

2016年8月、佐藤航陽氏率いるメタップスより事業買収のニュースが飛び込んできた。なんと買収したのは「VSbias」という学生ベンチャー。代表は現役の大学4年生、留田紫雲(とめだしゅん)さんだ。彼へのインタビューから見えてきたのはこれまでの価値観にとらわれない仕事観、そして未来を変える覚悟だった。

「資格はあくまで武器の1つ」 スタンフォード卒の弁護士 岡本杏莉が、メルカリを選んだワケ
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/704

CAREERHACK_2016

メルカリには日米の資格を持った若き弁護士、岡本杏莉さんがいる。弁護士→スタートアップというキャリアステップを選んだ理由とは? そこには資格や職種にとらわれない仕事観があった。


いつもCAREER HACKをご覧いただいているみなさん、取材にご協力いただいたみなさん、どうもありがとうございました。

引きつづき、そしてより一層、Web業界を盛り上げていけるように記事掲載やイベント、コラボ企画にもどんどんチャレンジしていければと考えています。どうぞよろしくお願いいたします!

(CAREER HACK編集部一同)



CAREER HACK をフォロー

タグ一覧