2015.03.05
完全個室の仮眠スペースあり!急成長を続けるSpeeeのオフィスに潜入。

完全個室の仮眠スペースあり!急成長を続けるSpeeeのオフィスに潜入。

Webマーケティングを中核に、「海外×ライフスタイル」や「医療×IT×リアル」など幅広い分野にWEB・ITを掛け合わせた事業を展開しているSpeeeさんのオフィスへ訪問しました。成長スピードが速いため、そろそろ移転!?その前にオフィスを見せてもらいました。

12 642 8 0

スタイリッシュさとフレンドリーさを併せ持つステキな空間

CAREER HACK編集部がオフィスにおじゃまさせていただく『オフィスへGo!』企画。今回、おじゃましたのはWebマーケティング事業などを手がける、株式会社Speeeさんのオフィスです。

六本木通り沿いにある黒崎ビル。重厚感たっぷりの自動ドアを抜けて、エレベータで5階へ。

Speee オフィス


白を基調とした綺麗なエントランスで輝くロゴ。飾ってあるユニフォームは、同社がスポンサーを手掛けるサッカークラブ「東京ヴェルディ」のものでした。

Speee オフィス


お洒落なフォントで番号を振られているのは、ミーティングルーム。

Speee オフィス


なかなか高級そうな椅子です。すわり心地もなかなか。来客スペースは、キリっとしたスタイリッシュな空間でした。

Speee オフィス


執務エリアに足を踏み入れると、社員の皆さんが「こんにちは!」と元気に声をかけてくれるのが気持ちイイ!中央の柱には、手書きの紙がペタペタと。入社したときに、目標や決意表明を書き連ねるそうです。

Speee オフィス


社員さんの頭の上には、いくつもディスプレイがぶら下がっています。選挙時期になると開票速報を…表示するわけではなく、最近に入社した人の紹介が流れているそうです。

Speee オフィス


オフィス内をぶらぶら歩いていると、いたるところに図書コーナーが。なんでも代表が読書家で、社員もたくさん本を読むようになったとか。

Speee オフィス


執務エリアを抜けると、お洒落空間が登場。スタンディングでの打ち合わせやソファでくつろぎながらのミーティングなど、使い方はいろいろ。

Speee オフィス


社内にある自販機はSpeeeモデル!右側は社名で左側は自社サービスのロゴが入っています。

Speee オフィス


自販機の反対側には、ソファよりもくつろげるエリアも。

Speee オフィス


オフィスの一角にはカフェコーナー。お洒落な家具と美味しいコーヒーが楽しめます。

Speee オフィス


エスプレッソマシーン設置。濃い目のエスプレッソがあれば、頭がスッキリ冴えわたります。

Speee オフィス


せっかくなので、一杯いただいておきました。

Speee オフィス


つぎのスポットへ移動中、こっそり覗いた空きスペースには椅子が陳列。これから入社する人の椅子がスタンバってるようでした。

Speee オフィス


何やらムーディーでアダルトなエリアを発見。仮眠室だそうです。

Speee オフィス


カーテンが閉まっていたので開けてみると…社員さんが寝てました。。。個室で集中したいときや昼寝したいときに使われるそうです。

Speee オフィス


実はSpeeeさん、六本木通り沿いにオフィスがふたつあります。こちらはもうひとつのエントランス。

Speee オフィス


執務エリアはこの通り、なかなか広々としています。

Speee オフィス


日差しが降り注ぐ、解放的なミーティングスペース。

Speee オフィス


やっぱりギターはストラトですよね。演奏しながらの打ち合わせも楽しめます。

Speee オフィス


ということで、Speeeさんのオフィスを駆け足で紹介してみました。

Speee オフィス


近日、Speeeさんで働く若手の女性エンジニアにインタビューした記事を公開しますので、お楽しみに!


編集 = CAREER HACK


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから