2015.04.01
ホントにまだ小学生ですか?Pepperからドローンまで…未来の天才プログラマはここまで来た!

ホントにまだ小学生ですか?Pepperからドローンまで…未来の天才プログラマはここまで来た!

3/29に開催されたTECH KIDS EXPOのイベントレポート。1年生から5年生までの小学生プログラマがオトナ顔負けのプレゼンテーションを披露した。これからのWEB・IT業界、いや日本を支え、成長させる彼らの開発結果をお伝えします。

小学生がプログラミング開発したプロダクトたち

まず登壇したのはプログラミング歴半年の小学校3年生、杉本勇太くん。社会科の勉強に役立つ「地図記号アプリ」を開発した。アプリの機能は地図記号の検索、クイズ、そして図鑑形式で一覧表示できるというもの。

TECH KIDS EXPO

「開発に使ったのはXcodeとiOSシミュレータ。たくさんの画面をストーリーボードでつなげると納豆みたいになって大変だった。条件がいくつもあるアプリだったのでif文をきちんと書くのに何日もかかった。みんなに楽しんでもらえるゲームを作って、将来はゲーム会社を設立したい」

TECH KIDS EXPO


小学校2年生の菅野晄さんはScratchからプログラミングの勉強をはじめ、いまではJavaScriptに取り組んでいるという。

今回彼女が発表したのはCPUと対戦もできるオリジナルWebアプリ「石とり合戦」。友だちとやっていた、ことば遊びのような「石とり」をゲームにしようと考えたそう。

TECH KIDS EXPO

「ゲームにある20個の石にそれぞれidを付与したり、取られた石にマークを付けるためにdocument.getElementById(id)という構文を使った。これからもっとプログラミングを勉強して、次は自分が教える立場としてTech Kids Schoolのメンターになって、いろんな人にゲームを作ってもらえるようになりたい」


最年少の7歳、小学校1年生の澁谷知希くんは、HTML、CSS、JavaScriptで作った「冒険RPGゲーム」を発表した。1万秒の制限時間内で、道具や体力のバランスを調整しながらゲームを続けていく。

TECH KIDS EXPO

「ボタンを押したときにランダムにアイテムを獲得するプログラムを工夫した。体力、経験値、鉄アイテム、いずれかの変数、もしくは時間が0以下になるとゲームオーバー画面に遷移するプログラムを組んだ。今作ってみたいのはマインクラフトというゲームに拡張機能を与えるMOD。そのために、Javaなど新しい言語も触ってみたい」


昨年、大きな注目を集めた感情認識パーソナルロボットPepper(ペッパー)をプログラミング制御したのは、小学校5年生の中馬慎之祐くん。

ペッパーの開発に用いたのは、コレグラフという命令ブロックを並べる形でプログラムする専門の開発ツール。今回の発表に合わせ、ペッパー自身にコレグラフについての説明をさせるプログラムを組み、動画で紹介した。

TECH KIDS EXPO

TECH KIDS EXPO

「ブロック数は57個だが、ブロック一つ一つの中にも条件分岐するようなブロックが入っている。単純そうに見えるプログラムでもかなり込み入った制御をしており、大変だった。」

また中馬くんは、PepparAppChallengeで特別賞を受賞している。その際に応募したプロダクト動画はこちら。


「昨年秋にはiOSアプリをリリースした。今後はUnityでの開発にも力を入れていきたい。今年のPepparAppChallengeでは賞金を本気で狙っていく。」


最後にプレゼンテーションを行なったのは、小学校5年生の菅野楓さん。「プログラミングで制御するドローン(無人機)のデモ飛行」を行なった。

「これまでiOSアプリの開発など画面の中の物を動かすプログラミングを続けてきたが、実物のものを動かすプログラミングをしようとAR DRONEというカメラを搭載した、4枚羽のクアッドコプターの制御に取り組んだ。Processingを用いて開発したのは、キーボードでコントロールできるモードとARマーカーを自動で追尾するオートパイロットモード。」


TECH KIDS EXPO


プログラミング教育で養われる力とは?

「いまの小学生はこんなことまでやっちゃうのか!?」

そう思われた方も多いのではないでしょうか。驚いたのは、ペッパーやドローンを用いた開発は、彼らがTech Kids CAMPやTech Kids Schoolでの経験を基に自主的に開発したものだということ。

主催したCA Tech Kidsの代表・上野氏によると、プログラミング教育で身につくのは単なる開発能力だけではなく、主体性や論理的思考力、そして積極性が挙げられるそう。

21世紀人材にとって英語が右腕、プログラミングが左腕になるとも言われているいま、日本社会の将来を担う小学生たちの活躍に私たちも奮起したいものです。


[取材・文] 松尾彰大


編集 = 松尾彰大


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから