2019.09.05
給料はいらない。 斜め上いく「くつざわ」の成長が、ただ楽しいだけ。

給料はいらない。 斜め上いく「くつざわ」の成長が、ただ楽しいだけ。

モノマネ動画で時の人になった女子大生「くつざわ」さん。彼女が信頼を寄せるマネージャーがKOHさんだ。マネージャーといっても雇用関係はなく、お金ももらっていないらしい。お互いにふざけ合いながらも高め合う? 友だち? 仕事仲間? はたまた? 一括にできない関係がそこに!

90 90 2 0

全3回の連載でお送りいたします。
[1]「楽しさ」が報酬
[2]僕の使命は、ダメ人間「くつざわ」の自立
[3]いつかヤツが僕のもとを去る、その日のために

海外在住。リモートでも「マネージャー」はできる。

よく「何者なのか?」と聞かれることも多いのですが、もともとマネージャー経験もないんですよね。普段はタイ(バンコク)に住んで、ウェブライターをしていて。

今もタイに住んでいて、くつざわのマネージャー業務はすべてリモートでしています。彼女は芸能人でもないし、会わなくても、業務には全く問題はありません。

オンラインでやり取りできますし、リモートで一緒に仕事をしたり、マネジメントしたりってあたり前にできる。

ちなみに、マネージャーになって4ヶ月が経ちますが、この前、初めて彼女に会ったんですよ。正直、会うつもりは全くなかったのですが、彼女がタイに仕事で来る機会があったので...仕方なく...。会ったら会ったで楽しかったですけどね。ただ、まぁずっとそばにいるのは、しんどかったな(笑)

「楽しさ」が報酬

そもそも「くつざわ」に強い興味があったわけでもなくて。マネージャーをするようになったのは、当時は僕も時間があって暇だったし、面白そうかなぐらいのノリ(笑)偶然ですけど、くつざわ本人としても、それがよかったみたいですね。

「なぜ彼なの?」ということもよく聞かれますが理由はすごく簡単で「一番ファンじゃなさそうだったから」です。先入観ありきのマネジメントはマネジメントではないな、と思ったので、ただただ好奇心で連絡をくれた彼にお願いをしました。
くつざわさんのnoteより引用)

じつはギャラも、全くもらっていない。

お金と一緒についてくるものが、鬱陶しいというか。責任も持たなきゃいけないし、フルコミットしなきゃいけなくなるじゃないですか。僕自身やりたい仕事は別にあるし、あくまでも趣味なんです。

マネージャーをしているのは、ただただ「くつざわ」と関わっているのが面白いから。それだけです。ノリが合うというか「死ね」って言える仲。友だちみたいなもの…というか「どうぶつの森」でキャラクターを育ててるみたいな感じですね(笑)

+++

くつざわは、くつざわ

なんだか僕とくつざわの関係をおもしろがってくれる人も多くて、こういった取材とか「マネージャーさんにとって、くつざわさんとは?」みたいな質問もあるのですが、よくわからないんですよ。

くつざわはくつざわだから(笑)。特別な存在でもなんでもないし。タレント、インフルエンサー、マーケターとか、そういう1個のカテゴリーでもないし、金のなる木でも全然ない。

ずっとそばにいるのはしんどいけど、少し離れた距離からなら、彼女のことを支えることが僕にはできる。くつざわにとって何が嬉しくて、嫌なことなのか、なんでかわからないけど僕にはわかる。ただ「わかる」んです。

ホントに相性が良かっただけですね。くつざわ以外のマネージャーは、僕は頼まれたとしても、お金を積まれたとしても絶対にできないと思います。

(つづく)

>>>続きはこちら [2]僕の使命は、ダメ人間「くつざわ」の自立


取材 / 文 = 野村愛


特集記事

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

ぼくらの新人時代

「新人時代をどう過ごしていましたか?」テック業界の先パイたちに、こんな質問を投げかけてみる特集企画です。知識もスキルも経験も、なにもない新人時代。彼ら、彼女らは”何者でもない自分”とどう向き合い、どんなスタンスで学んできたのか。そこには「ぼくら」にとって重要な学びが詰まっていたーー。

イノベーターたちの「習慣」と「実践」

『7HACKS』は世の中を沸かし、仕掛けつづけるイノベーターたちの「習慣」と「実践」に迫るキャリアハックの特集です。イノベーターたちの知られざる日々の習慣から、読書法、自らに課したマイルール、ライフハック、仕事に対する考え方まで、幅広くご紹介。明日からの仕事への活力が湧いてくる、そんなコトバと共にお届けします。

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから