2016.05.13
ゲームの未来はVRと俺達がおもしろくする!|Japan VR Summitレポート

ゲームの未来はVRと俺達がおもしろくする!|Japan VR Summitレポート

5月10日に開催された「Japan VR Summit(グリー社&一般社団法人VRコンソーシアム主催)」のトークセッション「VRで生まれるヒットゲーム」のレポートをお届けします。コロプラ、バンダイナムコエンターテインメント、レゾネアのキーマンが登場。

12 15 8 0

VRがゲームを面白くし、ゲームがVRを面白くする。

「”Step Into the Game”(ゲームの世界へ踏み出そう)」
これはVRの火付け役となったOculus RiftがKickstarterで公開されたときに掲げられたコピーだ。
まさにVRはゲームのために生み出されたと言っても過言ではないのかもしれない。

国内外問わず数多くの企業がVRゲームへ参画し、更なる盛り上がりを見せている。そんなVRゲーム界を牽引するパネリストたちが、面白さ・魅力について語った。


[パネリスト]
馬場功淳 氏(株式会社コロプラ 代表取締役社長)
原田勝弘 氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
水口哲也 氏(レゾネア株式会社/米国法人エンハンス・ゲームズ CEO)

VRというプラットフォームにゲームをのせる|馬場氏(コロプラ)

馬場功淳 氏

馬場功淳 氏(株式会社コロプラ 代表取締役社長)

VRが今後どういう存在になっていくか。VRは全ての人がパーソナルに使うデバイスになると考えています。つまりプラットフォームです。我々はゲームを作っている会社。なので、VRが広まっていくのであれば、その上でもゲームを展開したい。VRゲームに取り組んでいくのは自然なことなんです。

では、モバイルゲームを作っているコロプラが面白いVRゲームを作るためにはどうしたらいいのか。工夫していることがあります。VRゲームを作る過程で、「これVRで作る意味ある?」と感じるタイミングは少なからず出てくるんですよね。その都度、VRらしさとは何か?という議論をしていく。

VRはとても臨場感があるものなので、たとえば、ただのテニスゲームを作るだけでも面白くなるんですよ。でもそれだけでは、VRでやる意味は特に無い。ボールがぐるぐる回るような特殊なスキルを持たせて、無理やりVR感を出そうとしたり、いろいろな試行錯誤をして。最終的に気づいたのはダブルスが良いということ。後ろを振り返って味方選手の動きを見ることができるなど、ようやくVRらしさを出すことができたんです。

キャラクターとの関係性がVRの面白さ|原田氏(バンダイナムコ)

原田勝弘 氏

原田勝弘 氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

これまでのゲームでは、「四角い画面」の中にいるキャラクターと、プレイヤーである現実世界の自分はまったくの別物でした。自分がトイレに行ったり、ご飯を食べに席を外したり、コントローラーを置けば、中のキャラクターはぼーっと突っ立っているだけ。一方でVRの場合、目を逸らしていても「どこ見てるの?」って言われるし、プレイヤーの細かな動きでもキャッチすることができる。従来のテレビゲームでは築くことができなかったプレイヤーとキャラクターの関係や繋がりが、VRゲームでは作ることができる。これがVRの面白いところです。

VRの中では、嫌でも臨場感を得ることができるんです。乗り物のゲームを作っても、それだけで素晴らしい体験ができるものが作れてしまう。それ以上の体験を求めたときに、キャラクターとの関係性がテーマのひとつになりました。

過去に囚われていてはイノベーションは起こせない|水口氏(レゾネア)

水口哲也 氏

水口哲也 氏(レゾネア株式会社/米国法人エンハンス・ゲームズ CEO)

VRの醍醐味は新しい体験を提供すること。私たちはもともと、レーシングのアーケードゲームを作っており、ずっとゲームで新しい体験を作りたいと考えて取り組んできました。新しいデバイスを導入したり、振動を加えてみたり、1990年代の初頭は実験的に色んなゲームを作ろうとしていて。ただ、解像度は低いし、センサーの精度は悪い。そんな中でもVRのようなもののイメージは膨らませていたんですよね。だからやりたいと思っていたことに、ようやく技術が追いついたといった感じです。

新しいことを作るのって楽しいじゃないですか。でも、過去の前例やお作法の延長から考えていてもイノベーティブなものは生まれない。映像が誕生した頃からずっと僕たちは四角い画面に縛られてきました。アーケードでもコンシューマーでもスマホでも、みんな その四角い画面の中に押し込まなければならなかった。制約がクリエイティブを生むこともあるだろうけど、VRはその制約が完全に取っ払われるんです。なんでもOKです。そこに世界を作れるんだから。これってすごい変革なんですよ。


会場の様子

少年時代を思い返すと、テレビゲームやポータブルゲームなどのコンシューマーゲームに熱狂した記憶がよみがえる。VRは、あの頃以上の体験を私たちに提供してくれるかもしれない。VRの発展にゲームは欠かせないし、ゲームの発展にもVRは欠かせない存在なのだろう。果たして、誰もがVRを楽しむ時代が来るのか。引き続き動向を追っていきたい。

(おわり)


文 = CAREER HACK


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから