2020.03.19
ネタツイ上等。モデル「帆乃花」のTwitterとの向き合い方

ネタツイ上等。モデル「帆乃花」のTwitterとの向き合い方

モデルとして、クリエイターとして、存在感を発揮する「帆乃花」さん。彼女のTwitterがおもしろい。ネタツイも、ゆるいツイートも。そのスタンスとは?

51 0 2 1

全2本立てでお届けします。
[1]ネタツイ上等。モデル「帆乃花」のTwitterとの向き合い方
[2]「モデルだけの私」じゃ満足できない。動画制作もアクセサリーも本気でやり抜く「帆乃花」の仕事スタンス

「帆乃花」のTwitterとの向き合いかた

帆乃花さんのTwitter、おもしろいです。見ていてニヤっとするものから、和むものまで。外見とのギャップもあるというか。

ありがとうございます。モデルとしての私は黒髮ロング、高身長、ミステリアス、クールみたいなイメージを持たれがちなのですが…実際はそんなキャラじゃないんですよね(笑)

じつは、昔からインターネットが大好きだったのですが、モデルになってから、どこかでクールでミステリアスな自分をSNS上で演じるようになってしまって。ホントはずっとネタツイしたり、変なコラ画像つくってアップしたりしてきていて。モデルになってから、ネタツイのためのアカウントを封印しちゃったんですよ。

ただ、そもそも、そんな女性を演じることもできないよなって。本当の自分じゃないんですよね。

事務所に所属すると、イメージも気になりそうですが。

もちろんイメージは大切ですが、アフィリエイト案件をやっているわけでもないし、SNSで企業の商品を紹介しているわけでもないし。そこはけっこう自由にやらせてもらっていて。ネタツイも少しずつ解禁しました。

そうしたら1万5000人くらいだったフォロワーさんが一気に2万6000人に。「モデルになってからも好き勝手つぶやいていいんだな」と。もちろん事務所からは「あまりイメージが崩れないようにしなよ」とは言われていますけどね(笑)

モデルをやっていると、それだけでフォローしてくださる方がたくさんいる。ただ、私は外見だけで判断されるのは少し違うのかなって。ちゃんと中身のある発信もしたい、活動も広く知ってほしい。…まあ、ちょっとふざけていたい自分も出てしまうんですね。

ネタツイを解禁するきっかけになったツイート。「メンズスーツを着ている自分の写真をアップしたらすごく反響があって。身長が175㎝あるので「男性用スーツも着られるじゃん」と思って着てみたら、サイズもちょうどよかった。その写真が予想以上に拡散されました。最近だとキャラ崩壊してるよね、ツイッタラーじゃんって言われますけど…別に悪い気もしてなくて。それはそれでいいのかなって思います」

Twitterで気をつけていることはありますか?

当たり前ですが、できるだけ人や仕事に対する悪口は言わないとか、人としての最低限のマナーは守ろうとか…。ブログも中学1年の頃からやっていたり、学生時代もTwitterに育ててもらったとさえ思っているので、ネットリテラシーはわりと自然と身についた気がします。

ただ、自分の中に秘めている想いみたいなものは、最近だとあまりつぶやかないようになりました。やっぱりくだらないことばっかりつぶやいていたほうが、Twitterって健全に運用できるなぁって。オモコロのARuFaさんが憧れで…誰も傷つけずに笑いを取れるって最高にかっこいいですよね。幸いなことに、いまのところ私のアンチは多くありません。ありがたいですね。

Twitterを続けていく上で大切にされているスタンスはありますか?

フォロワーが増えなくても、拡散されなくても、ファボがつかなくても、気軽に本当の自分を表現できる場があると気持ちにも余裕が生まれてくると思うんです。

「これはバズるかな」とか「仕事につながるかな」とか、そういうことを一切考えずにつぶやける場は、私が本当の自分であるために必要なんですよね。本来Twitterって「私はいま何を考えているか」を気軽につぶやくためのツールだと思うから。

モデルをはじめてからフォロワーが急に増えて、嬉しかったんですけど、一方で「尊い存在」みたいに扱われることに違和感があったんです。私はモデルをはじめる前からネタツイをしていたし、高校時代もモテキャラとはかけ離れていたから。

最近、たまにはネタツイ以外のしょうもないこともつぶやきたくて、サブ垢もつくったんですけど…こっちはできれば探さないでください(笑)

>>>後編 「モデルだけの私」じゃ満足できない。動画制作もアクセサリーも本気でやり抜く「帆乃花」の仕事スタンス


編集 = 白石勝也
取材 / 文 = 田尻亨太


特集記事

イノベーターたちの「習慣」と「実践」

『7HACKS』は世の中を沸かし、仕掛けつづけるイノベーターたちの「習慣」と「実践」に迫るキャリアハックの特集です。イノベーターたちの知られざる日々の習慣から、読書法、自らに課したマイルール、ライフハック、仕事に対する考え方まで、幅広くご紹介。明日からの仕事への活力が湧いてくる、そんなコトバと共にお届けします。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから