2014.07.22
インプットのためにフォローしておきたい、WEB・IT業界人Twitterアカウントまとめ

インプットのためにフォローしておきたい、WEB・IT業界人Twitterアカウントまとめ

インプットのためにフォローしておきたい、WEB・IT業界人Twitterアカウントまとめ

Twitterから業界・技術・トレンドの今がわかる?

刻々と最新情報が飛び込むWEB・IT業界。

いち早くキャッチアップするため欠かせないのがTwitter。

なんといってもFacebookよりフランクにフォローできますし、くだらないネタからタメになる情報まで取りきれますよね。

今回はWEB・IT業界でぜひともフォローしておきたい方々をまとめてみました。
ぜひご参考までにどうぞ!

起業家・経営者

注目の起業家・経営者をフォローすれば、情報収集も効率化!?


中川綾太郎(Peroli CEO)

山田進太郎(メルカリCEO)

国光宏尚(gumi CEO)

古川健介(nanapi 代表)

金山裕樹(VASILY CEO)

家入一真(シリアルアントレプレナー)

佐藤祐介(フリークアウト COO)

吉田浩一郎(クラウドワークス CEO)

山本憲資(サマリー CEO)

藤田晋(サイバーエージェント 社長)

高橋雄介(AppSocial.ly CEO)

田端信太郎(LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当)

堀江貴文(ライブドア元CEO、SNS創業者)

森健志郎(schoo,inc./代表取締役社長)

佐俣奈緒子(コイニー/代表取締役社長)

閑歳孝子(Zaim/代表取締役)

須藤憲司(KAIZEN platform Inc. CEO)

小林清剛(Nobot Inc./創業者 Remotus CEO)

喜洋洋(Lang-8 Inc CEO)

光本勇介(Bracket, Inc CEO)


ベンチャー・キャピタリスト

海外情勢など、ベンチャー・キャピタリストの発信する貴重な情報をGET。


和田圭祐(インキュベイトファンド)

松山大河(East Ventures/クロノスファンド )

佐俣アンリ(ANRI)

大柴貴紀(East Ventures/調べるお)

小林雅(インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ)


エンジニア

技術情報からブログ更新までTwitterなら全部チェックできる。


伊藤直也 (KAIZEN platform Inc. Senior Technology Adviser )

山本裕介 (株式会社サムライズム代表 Twitter4J開発者)

海野弘成 (Increments Inc CEO Qiita,Kobito,Qiita:Team開発者)

えふしん(モバツイ ShopCard.me 開発者)

北村慧太 (サマリー CTO)

大場光一郎(クラウドワークス CTO )

福森匠大(最年少Rubyコミッタ)

柄沢聡太郎(クロコス CTO)

佐々木達也(エンジニア)

まつもとゆきひろ(Ruby 開発者)

奥一穂(エンジニア)

和田裕介(オモロキCTO)

和田修一(nanapi CTO)


クリエイター

クリエイティブであるには、異業種のクリエイターをフォローすると面白い気づきがあるかも。


朴正義(バスキュール)

西村真里子(バスキュール)

中村洋基(PARTY)

菅俊一(多摩美術大学美術学部統合デザイン学科 教員)

田川欣哉(takram)

落合陽一(研究者)

川田十夢(AR3兄弟)

マナ(Webクリエイターボックスの中の人)

灰色ハイジ(SIX)

深津貴之(THE GUILD)

真鍋大度(Rhizomatiks)

中村勇吾(tha ltd.)

原研哉(武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科教授/株式会社日本デザインセンター代表取締役)

佐藤尚之/さとなお(コミュニケーション・ディレクター)

加藤隆生(SCRAP代表取締役/リアル脱出ゲーム開発者)


メディア・フリーランス・その他

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

平野武士(THE BRIDGE)

梅木雄平(THE STARTUP)

両角将太(サムライインキュベート)

池澤あやか(Ruby女優)

カズワタベ(フリープランナー)

モリジュンヤ(編集者)

田口元(「百式」管理人/ドットインストール開発者)

松村太郎(ジャーナリスト)

林信行(ジャーナリスト)


いかがでしたか?ちなみに…面白い人って面白い人をフォローしているもの。つまり「面白い人がフォローしている人」をチェックしてみると新しい発見があるかもしれませんよ。



編集 = CAREER HACK


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから