2020.03.30
「1年前まで全くの無名だった」 鈴木孝佳が、Twitterフォロワー数4万人の人気トレーナーになるまで

「1年前まで全くの無名だった」 鈴木孝佳が、Twitterフォロワー数4万人の人気トレーナーになるまで

Twitterフォロワー数4.1万人、パーソナルトレーナー「鈴木孝佳」とは何者?聞けば会計事務所 Seven Rich Accounting 所属のトレーナー。経営者からの信頼も厚い。ストレッチ法など惜しげもなく発信する鈴木さん。そこには「多くの人の役に立ちたい」という強い思いがあった。

「ストレッチ動画」のTwitterが人気! パーソナルトレーナー 鈴木孝佳

パーソナルトレーナー 鈴木孝佳さん(33)

猫背、反り腰、肩こりの解消などに効く「ストレッチ動画」と「解説ツイート」が人気を博す売れっ子トレーナーだ。

2020年3月現在、Twitterのフォロワー4.1万人を誇り、YouTube配信もスタート。リモートワーク・テレワーク推奨が叫ばれる昨今において「家でも手軽に運動不足解消」としても注目される。

ただ、鈴木さんは「1年くらい前まで、ごくごく一般的とも言えるパーソナルトレーナーでした」と振り返る。

「SNSなどネットでの発信もほとんどやったことがありませんでした。むしろ自信がなかったんですよね。以前、同業者向けにブログを書いていたこともあったのですが、全く見られず。一度挫折したくらいですから」

そんな彼だが、現在では書籍執筆・講演依頼が多く寄せられる人気トレーナーに。

いかに道を切り開いてきたのか。

そこには「パーソナルトレーナーのキャリアに感じた危機感」、そして「一人でも多くの人たちを健康面から支えたい」というまっすぐな思いだったーー。

全3回の連載でお送りいたします。
[1]「1年前まで全くの無名だった」 鈴木孝佳が、Twitterフォロワー数4万人の人気トレーナーになるまで
[2]パーソナルトレーナー 鈴木孝佳のTwitter術|4つのポイント
[3][動画]今すぐかんたんストレッチ! 人気パーソナルトレーナー 鈴木孝佳さんに聞きました

+++

プロフィール|鈴木孝佳
スポーツトレーナーの専門学校卒業。兵庫の財団法人で地域の健康福祉に従事。24歳でパーソナルトレーナーとして独立。年間1500件を対応するで売れっ子に。4年ほどフリーランスとし活動した後、その功績が評価されヘッドハンティングされ、活動拠点を東京へ。2019年に会計事務所、株式会社Seven Rich Accountingへ。ウェルネス事業部が運営する、パーソナルトレーニングスタジオ「b{stoic」のヘッドトレーナー兼CTOを務める。

アルバイトと、掛け持ちをしていた独立1年目

Twitterでファンの多い鈴木さんですが、もともとキャリアのスタート地点はどこだったのでしょうか?

それでいうと、そこまで特別なキャリアではなく、ごくごく一般的ともいえるパーソナルトレーナーのキャリアを歩んできたように思います。

もともとはパーソナルトレーニングの専門学校を卒業し、地元である兵庫県の財団法人に就職しました。「地域の人たちの健康維持に貢献していく」取り組みの一環でストレッチなどを教えていて。ただ、「いつかスポーツ選手を診たい。怪我もみれるようになろう」と接骨院へ。ここで3年くらい勉強し、独立したんです。スポーツ選手もですが、できるだけたくさんの人たちの健康によりそっていこう、と。フィットネスクラブのパーソナルトレーナーとして働くようになりました。それが23歳のとき。

…ただ、なかなかフリーのパーソナルトレーナー1本だと食べていけなくて。はじめの予約は月5~6件、バイトもしながら働いていましたね。

私にできるのは、一人ひとりのお客さまを大切にすること。そこから少しずつご紹介をいただき、1件、また1件とご予約が増えていって。1年後くらいに月80件くらい、2年目以降は月120~130本ほどのご予約をいただけるようになっていきました。

仕事は困っていなかった。でも、不安が拭えなかった。

ずっとフリーで働かれてきたんですね。

そうですね。関西で4年ほどフリーで働き、そのあと、いろいろなご縁があって活動拠点を東京に移することに。ありがたいことに、その後もたくさんご予約はいただけていました。

ただ、自身のキャリア、業界の先行きにはモヤモヤしたものもあって。

このまま能力を伸ばし続け、その先に何があるのか。自分が目指す人生って何だろう。自分はどう社会の役に立てるのか。

まず、目の前のお客さんが健康のことで悩んでいた時、「個人のトレーナー」ができることってすごく狭いんです。「なんか不調だな…」というときの原因って運動不足、食生活・食習慣、睡眠、ストレスなど原因はさまざま。打ち手が変わるので一人ではどうにもなりません。

また、将来のキャリアを考えた時も選択肢は多くない。パーソナルトレーナーの世界も決して広いとは言えない。

なんとかその状況を打破したいという思いがありました。たとえば、異業種、他の領域のプロとつながり、僕の能力と掛け合わせて何かできないか。建築家の方と組んで「健康に良い家」をつくってもいいし、栄養士の方と組んで、食品面からアプローチしてもいい。

頭打ち感、危機感、そして変化を起こしていきたいという思いがあり、環境を変えて働くことを考え始めました。

+++

会計事務所がパーソナルトレーナーを求めている…?

そこから「会計事務所で働く」というのも、おもしろいキャリアですよね。

そうなんですよね。現在は「Seven Rich Accounting」という会計事務所で、フルコミットのメンバーとして働いているのですが、ちょっとユニークな会社で。

もともと「会計」を軸としたスタートアップ支援が強み。ただ、代表が「経営者やビジネスパーソンの幸せを考えるならば、お金の管理だけではなく、そもそも身体・健康が大切だ」と考える人で。2018年に「ウェルネス事業部」を立ち上げて。たまたまその立ち上げに携わっていたのが、前職時代の私の後輩で、誘ってもらったんです。

オファーをもらったポジションとしては「ウェルネス事業部の責任者」で。とくにおもしろいと感じたのが、会計士はもちろん、事務所内にデザイナー、エンジニア、コンサル、弁護士など、その道のプロが集まっていたこと。自分なりに健康管理や身体について、よく勉強をしてきた方だと自負があったので、自身の能力を各々の領域と掛け算ができたら、おもしろいことができるかもしれない。そう考え、即決をしました。

もともとTwitterは仕事の一環だった。

Twitterは「Seven Rich Accounting」に入られてから?

そうですね。アカウントさえ持っていませんでした(笑)「Seven Rich Accounting」ウェルネス部門をPRしていくためにTwitterで発信していこう、と。

「勉強もたくさんしてきているし、鈴木さんが適任だよね」と任されることになって。

でも、自信はぜんぜん無くて。過去、個人でブログを書いて、トレーニングやストレッチについて発信していたこともあるのですが、そんなに読まれた実感がなくて(笑)昔の私ならTwitterを任されても、「いやぁ…」と渋っていたかもしれませんが、そもそも新しいことに挑戦したくて入ったわけで。素直に「やってみよう」と思えました。

そこから、どのようにTwitterのフォロワー数は増えていったのでしょうか?

「Seven Rich Accounting」のお客様でもあるスタートアップ、ネット業界の方々がフォローしてくださったり、宣伝してくださったのが大きいと思います。

とくにTHE GUILDの安藤剛さんがTwitterの恩人で。安藤さんから「姿勢が悪くて悩んでいる」とご相談いただき、「あばら」のお話しをしたことがあって。それが衝撃だったようで、すぐにツイートしてくださったんですよね。

それからも事あるごとに僕のつぶやきをRTしてくださって。はじめたばかり頃は、「どうすれば安藤さんにRTしてもらえるだろう」とばかり考えていましたね(笑)時間帯だったり、内容だったり。

ある時、お食事をご一緒した時「いつもRTありがとうございます」とお伝えしたら、「いえいえ。シンプルにすごく良いことを言っているから、リツイートしているだけですよ」と言っていただけて、すごく嬉しかったですね。

少しずつですが、自分の発信にも価値があるのかもしれない、多少なりとも役に立てているかもしれない、と感じられるようになっていきました。

《関連記事》

パーソナルトレーナー 鈴木孝佳のTwitter術|たった1年でフォロワー数4万人に! 

一人でも多くの人の役に立つために。

Twitterをされて環境も変わりましたか?

そうですね。個人でいうと、とくに講演会だったり、書籍執筆だったり、オファーをたくさんいただけるようになりました。本当にありがたいですね。

ただ、絶対に勘違いしちゃいけないと思っているのが、有名になったとしても、別に急に偉くなったわけじゃなくて。初心を忘れてはいけないぞ、と自分に言い聞かせていますね。

お客様と向き合っている時も、ツイートする時も、誰の、どんな悩みに役立つのか。いつも考えるようにしています。

正直、Twitterがひとり歩きしてしまって、恐くなることもあるんです。Twitterは等身大の自分と本当に釣り合っているのか。過大評価なんじゃないかって。

でも、見てくださる方がいる。うれしいリプをいただけることもある。なので、できるだけ期待には応え続けたいんですよね。質問などいただければできるだけリプを返すようにして、できることは全部やろうと思っています。

幸い、いまの事務所にいると、さまざまな専門家もいますし、ヘルスケア部門のプロもいて。そういったメンバーと手を組み、掛け算で能力が発揮していける。そんな風にして、1人でも多くのお客さんの健康と向き合い、幸せにしていきたいですね。

全3回の連載でお送りいたします。
[1]「1年前まで全くの無名だった」 鈴木孝佳が、Twitterフォロワー数4万人の人気トレーナーになるまで
[2]パーソナルトレーナー 鈴木孝佳のTwitter術|4つのポイント
[3][動画]今すぐかんたんストレッチ! 人気パーソナルトレーナー 鈴木孝佳さんに聞きました


取材 / 文 = 林玲菜


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから