2020.10.13
個人ではなく、仕組みを責めよう。グッドパッチ流「リモートKPT」のやり方

個人ではなく、仕組みを責めよう。グッドパッチ流「リモートKPT」のやり方

リモートでのKPT、どうすればもっとうまくできる?グッドパッチが実践している「リモートKPT」の進め方について伺いました!

144 75 3 0

リモートKPT、うまく進めるポイントって?

ミーティングがオンライン中心になり、リモートでKPTを実施しているチームも多いのではないでしょうか?

KPTといってもやり方はさまざま。さらにより良いKPTへとアップデートするために、どんな進め方や工夫を取り入れるといい?

そこで今回お話を伺ったのは、先日、クラウド型ワークスペース「Strap」をリリースしたグッドパッチ 北村篤志さん。「Strap」開発チームで実施している「リモートKPT」の進め方について伺いました!

現状のKPTに課題感のある方も、そうでない方にとっても、参考になる部分がきっとあるはずです!

+++【プロフィール】北村篤志  株式会社グッドパッチ Strap事業責任者クライアント事業部におけるUXデザイナー組織の責任者として、クオリティー管理、UXデザイナーの採用と教育に携わる。現在は、自社プロダクトの事業責任者として、Prottと新規プロダクトStrapの事業運営に取り組んでいる。HCD-Net認定 人間中心設計専門家の資格を保有。

目次:グッドパッチ流 リモートKPTのやり方
【1】アジェンダ・KPTの心構えをメンバーに共有
【2】前回のTRYをおさらいする
【3】「GOOD」を書き出す/共有する
【4】KEEPを書き出す
【5】PROBLEMを書き出す
【6】TRYを話し合い、ネクストアクションを決める

【1】アジェンダ・KPTの心構えをメンバーに共有

僕の所属する「Strap」チームでのKPTを例に、具体的な進め方やポイントをお伝えできればと思います。

まず前提として、僕らのチームでは、2週間をひとつの単位として開発やデザインを進めていきます。この2週間の期間を1スプリントとし、切り替えのタイミングとなる「隔週」でKPTを実施しています。時間は大体2時間程度。現在グッドパッチはフルリモートなので、すべてZoomでKPTを実施しています。

KPTをはじめる前に「アジェンダと所要時間」と「KPTをする上での心構え」をメンバーに共有しています。

KPTをする心構えは、2点。

1点目は、「どんなにばかだなと思われることでも発言する・書き出すこと」。振り返りの場は、個人的な感情やスプリントであったことをたくさん出して次に生かしていく場所なので、「どんなに些細なことでも発言してほしい」と伝えています。

2点目は、「個人を責めるのではなく、仕組みを責めること」。振り返りをするプロセスのなかで、うまくいかなかったことや問題を「人のせい」にしても改善点にはつながりません。人ではなく、「仕組み」にフォーカスすると「もっとこうできるとよかったんじゃないか?」というアイデアにつながります。

【2】前回のTRYをおさらいする

前回のKPTの内容から、今回取り組むべきTRYはなんだったのか。2週間ぶりだと、記憶が薄れている人がほとんどなので、前回のKPT結果をみながら、みんなでおさらいしています。

前提の情報や認識を揃えた上で、今回のスプリントで取り組んだこと、PROBLEMの変化をみんなで話し合うようにしています。

【3】「GOOD」を書き出す/共有する

Strapチームでは「KPT」ではなく、「GKPT」というフレームを使って振り返りをしています。

「GKPT」は、「KEEP」をする前に「GOOD」を出します。GOODの内容は、よかったこと、うれしかったこと、メンバーへの称賛などを全て洗い出します。

個々人で付箋に洗い出すとき、自分の名前を記載しておくのをルールにしておくのがポイントです。共有するときに、誰が書いたのかがわかるので、すぐに質問して深堀ることができます。

GOODを洗い出したら、共有タイムです。順番にGOODを上げていき、他のメンバーは自分が書いたものと同じようなものが出たら、その下に自分の付箋を貼っていきます。

+++

【4】KEEPを書き出す

KEEPでは、チームとして続けていくべき習慣・行動として、GOODであげられたものの中から投票して絞っていきます。

投票には絵文字やアイコンをつかうのがおすすめです。ひと目でわかりますし、楽しい雰囲気にできます。

ちなみに僕のチームでは、デザイナー、エンジニア、カスタマーサクセスなどさまざまな職種のメンバーがいるので、投票の際、職種ごとにアイコンを分けるようにしています。

どうしても多数決で決めるとエンジニアが多いので、エンジニアの意見が全部反映されてしまう。そうすると見過ごしてしまう問題がでてくるので、職種を分けておくことで、少ない票だとしてもどの職種の意見なのかをファシリテーターが把握しKEEPに反映するようにしています。

KEEPが絞れたら、「どうしてこれができたのか」をみんなで話し合います。たとえば、「エンジニアがユーザー体験から考えることができた」というKEEPがあったら、「グッドパッチのメンバーはユーザーを第一に考える価値観がベースにあるから」とか「前回のスプリントで具体的に落とし込めていたから」などと書き出し、その場で振り返りをしていきます。

+++

【5】PROBLEMを書き出す

PROBLEMでは、「改善するべきこと」「課題に感じること」「困っていること」「ごく個人的な感情」など、なんでも正直に書き出します。

書き出せたら、共有タイムです。順番に書いたことを発表しながら、情報整理・グルーピングしていきます。

グルーピングできたら、解決したいPROBLEMを上位3つくらいまで絞ります。全てのPROBLEMは一気に解決できないですし、だいたい1個の解決すると、芋づる式に他のPROBLEMも解決することもよくあります。

次のスプリントでどのプロブレムに具体的に取り組むべきか。インパクトが大きかという視点でPROBLEMを絞っていくのが大切です。

【6】TRYを話し合い、ネクストアクションを決める

人数が多いとき、TRYはPROBLEMごとにZoomのブレイクアウトルームで話し合うようにしています。

ブレイクアウトルームだと、ファシリテーターが指示できなくなるので、事前にボードに話し合いの進め方や「何時に戻ってきてください!」と記載しておくとわかりやすいです。

それぞれのブレイクアウトルームに入ったら、まず「PROBLREM」の要因を深堀っていきます。最初に出るPROBLEMは、表層のもの場合が多く、そのままでは良質なTRYにはつながりません。

たとえば「スケジュール通りに進められなかった」というPROBLEMだったら、なぜそうなってしまったのかを「WHY」で深堀る。それに対してトライを出していきます。

時間になったら、それぞれのPROBLEMに対する考察やTRYを全体で共有します。

+++

最後に、出てきたTRYを誰が取り組むのか、それとも全員でやるのかなどの認識合わせをおこないます。同時にTRYの具体的な内容を書き出しもしています。

【特集】きょうからつかえるリモート会議術
前編|リモートブレストを盛り上げる5つのポイント
後編|グッドパッチ流 良いTRYが見つかる「リモートKPT」のやり方


取材 / 文 = 野村愛


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから