2013.11.21
教えてHACK GIRL!美大を卒業してWEBデザイ…ではなく、エンジニアになった彼女。

教えてHACK GIRL!美大を卒業してWEBデザイ…ではなく、エンジニアになった彼女。

デザインが好きで美大へ進学…ところが社会人で挑戦したのはエンジニアだった?「会社のことが好き」と語る女性エンジニア、圓増真衣(えんそうまい)さんのキャリアに迫る!WEB・IT・ゲーム業界で働く女性クリエイター・エンジニアを応援“HACK GIRL”企画第6弾をお届けします。

7 127 6 0

美大卒の女性エンジニア。

WEB・IT・ゲーム業界で働く女性クリエイター・エンジニアを応援!“HACK GIRL”企画第6弾では、美大卒ながらエンジニアになり、現在、プロジェクトマネージャーとして活躍する圓増真衣(えんそうまい)さんを紹介する。

圓増さんが働くロックオンは、6,000件以上の導入実績を誇る広告効果測定システム『AD EBiS』や、オープンソースECパッケージ『EC-CUBE』で知られる成長企業。

高校生の頃、まわりの友だちがカラオケやプリクラに夢中になるなか、圓増さんがハマったのは、WEB用の素材配布サイトの運営だった。自分で描いたイラストなどの素材をたくさんの人が使ってくれる。そんな楽しさに惹かれ、大学進学後もデザインに没頭した。

そのまま順風満帆、WEBデザイナーとしての道を…と思いきや、社会人になって選んだ道は、なんとエンジニア。

圓増さんにどんな転機が!?

「システムが上手く動かない…」が悔しかった。

― 美大でデザインを勉強されたのに、なぜエンジニアになったのでしょうか?


1ヶ月間、会社の研修でプログラミングを勉強したんですが、できないことが多すぎて、すごく悔しかったんですよね。

スケジュールの管理ツールを作ってみたのですが、ぜんぜん納得できるデキじゃなかった。

それに腹が立ったというか…(笑)



― え、それだけでエンジニアになっちゃたんですか!?


私、負けずギライなところがあって(笑)このまま中途半端で終わるのか?本当にこれでいいのか?と、モヤモヤし始めちゃったんです。


― 初めてプログラミングに挑戦してみて、面白さも多少はあったのでしょうか?


デザインって良いデザインか悪いデザインか、「答え」が出しづらいもので。

表現のアプローチも、アウトプットも、センス次第なところがどうしてもあると思うんです。

でも、プログラミングはキチンと順を追って組んでいけば、数学のように答えが出るから、「面白い」と思ったんです。パズルがピタッとハマった!みたいな、達成感があって。

ただ、その当時は社会人1年目の研修だったから、「こんな風にプログラミングすればこういうものができる」と、答えありきのカンタンな問題を解いていただけでした。

今だと、そもそもの課題が不明確だったり、プロセスが複雑だったりして…。システムの開発にも「答えなんてない」と気づきましたね(笑)

でも、正解がない中で、「どうすれば人に喜んでもらえるんだろう?」と考え抜く、ここってデザインもシステムも一緒かもしれないです。

『お客さんの役に立ちたい』、『製品が好き』、そんな気持ちがあるから、「デザイナー」「エンジニア」なんて職種は実はあんまり関係なくて、『やりたいと思えたから、努力できた』んだと思います。

ただ、システムはコミュニケーションのツールそのものが作れるから、デザインとは別の視点で、ユーザーとつながる喜びはあるかもしれません。

その点では、「より多くの人に喜んでもらう」という可能性は広がった気はします。


― 「人を喜ばせる」というところは共通している、と。ちなみに、どんなタイプの人がエンジニアに向いているってあります?


エンジニア、デザイナーに限ったことじゃないかもしれませんが、「気づかい」ってすごく大事ですよね。

たとえば、メンバーにいつもクチうるさく言っているのは、「設計書やコードはキレイに書こう」とか、ホントに細かいことで(笑)

私が見るだけならいいですが、お客さんやプログラマが設計書を見て、すごく雑だったら、それだけで読む気が失せちゃいますよね。

プログラミングにしても、コメントの入れ方とか、インデントの揃え方とか、すごく細かく言っちゃう。

もしかしたら、「圓増!うるさいわ!」と思われているかも(笑)でも、それって最終的なプロダクトの質にも影響すると思うんです。

会社として認められることが、自分の喜び。

― エンジニアに転向する時、正直、悩んだりしませんでしたか?


そりゃもうすごく悩みましたよ。

でも、ロックオンに入社した時に「この会社で働けるなら、どんな仕事でもいいや」という気持ちもあったんです。


― 職種ではなくて、会社軸で仕事を決めたんですか!?エンジニアやクリエイターだと珍しいタイプですね。


私の場合、職種に関するこだわりがあまりないんです。そこまで「自分の道を極めたい」という気持ちもない。

フリーでも、起業でも、自分で夢を持って、その道を突き進んでいる人はカッコいいけど、私が行きたい道とはちょっと違うなって思っています。

私は、今の仲間と多くの人に喜んでもらえるプロダクトを作りたい。会社として評価されると自分も嬉しいし、会社と成長したいんです。

たとえば、今すぐ社長がぜんぜん違うことをやりたいと言っても、「私もやりたい!」と言い切れる自信がありますね。職種が変わっても。


― そこまで会社に思い入れが持てるって、すごいことだと思います。



学生の時、「とにかく働きたい」とロックオンにメールを送って、社長直々に返信のメールをくれて。デザインのスキルが全然足りていないダメな学生に、とことんインターンで先輩たちが付き合ってくれたり。

学生時代から私のために、みんなが時間を割いてくれた会社なんですよ。時に厳しく、特に面白おかしく(笑)

全員が真剣に向き合ってくれたんです。恥ずかしげもなく言っちゃいますが、ロックオンで働くみんなが好きだし、会社のことがホントに大好きなんです。

家庭と仕事が両立できる会社をみんなで作る。

― 入社6年目を迎えると伺いました。現在はどのようなポジションで仕事をしているのでしょう?


ECサイトの受託開発を担当する部署で、プロジェクトマネージャーとして働いています。

ちょうどクライアント企業のECサイトリニューアル案件を任せて頂き、進めているところです。他にもこまごまと任せて頂く中で、ベトナムのオフショア開発メンバーも含めて、様々な方たちとお仕事をさせて頂いてます。


― もともと現場での開発も行なっていたと思いますが、プロジェクトマネジメントにチャレンジされたんですね。


自分でプログラミングをして、プロダクトを作るのも楽しいですが、作れる範囲、手の届く範囲はどうしても限られてしまいます。

チームであれば、一人ではできないところまでできるし、大規模なシステムが作れる。そうすることで、より多くの人に喜んでもらえる。そんな大きい達成感がありますね。

ただ、まだまだプロジェクトマネージャーとして出来ていないことばかりで。もっと実力をつけ、大規模な受注があった時に「圓増にやらせよう」と思ってもらえる存在になりたいです。


― もっと高みを目指していくわけですね。最後に今後どんな働き方をしていきたいか教えてください。


働き方でいえば…じつは一昨日、結婚しまして。


― そうだったんですね!おめでとうございます!!


ありがとうございます(笑)だから、将来は家族をつくったり、子育てをしたり、仕事を含めたライフプランを考えていければと思っています。

ロックオンはまだまだ若い会社なので、「子どもを産んだ後も仕事している」という女性社員がいないんです。

結婚している女子社員は何人かいるので、みんなで「誰が最初に子どもを産むだろう」と話をしているところ(笑)家庭と仕事が両立できる、そんな会社をみんなで作っていきたいですね。


― 圓増さんの新しい働き方が、今後、ロックオンで働く女性たちのロールモデルにもなるかもしれませんね。本日はありがとうございました!


(おわり)

[取材・文] 白石勝也


文 = 白石勝也
編集 = 松尾彰大


関連記事

特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから