2015.08.05
Prottが絶好調らしいUIデザインファーム・グッドパッチのオフィスへGO!

Prottが絶好調らしいUIデザインファーム・グッドパッチのオフィスへGO!

UIデザインファーム・グッドパッチの東京オフィスへGO!渋谷に本館と別館を構えるグッドパッチのオフィス環境と働き方とは?

国内屈指のUIデザインファームのオフィスって?

グッドパッチの東京スタジオはJR渋谷駅の埼京線ホーム近くにあります。

Goodpatch オフィス


エレベーターに乗って早速3階へ!降りるときれいなエントランスが右手に。

Goodpatch オフィス


オフィスは左手。

Goodpatch オフィス


重厚感ある扉を明けてオフィスへ!

Goodpatch オフィス


広い…!手前はミーティング&フリースペース、奥はThunderboltディスプレイが並んでいて、まるでアップルストアのようじゃないか!

Goodpatch オフィス


大型スクリーンも完備。ミーティングに使っている机は卓球台!

Goodpatch オフィス


まずはフリースペースから。ソファに座ってリラックスしながらお仕事中のメンバーの方々。よく見ると台車に乗ってて簡単に移動できるようになってる!

Goodpatch オフィス


奥のディスプレイがきになってみてみると…2015年5月に開設されたグッドパッチのベルリンオフィスの様子でした。なんでも日本スタジオがヨーロッパの案件を、ベルリンスタジオが日本の案件を担当するなんてこともあるそうで、常にHangoutでつなげているんだとか。

Goodpatch オフィス


スタンディングデスクも完備。

Goodpatch オフィス


特に集中したい時よく使われるという窓際のスペース。

Goodpatch オフィス


フリースペースの壁面には「グッドパッチの10年後」というテーマでメンバーそれぞれの夢や目標が。アツい言葉の数々はスタートアップならではです。

Goodpatch オフィス


そして最近導入したという、オフィスフルーツ。お菓子もいいけど、フルーツだとより一層嬉しい…!

Goodpatch オフィス


グッドパッチには珈琲部があり、それぞれこだわりの豆を挽いて淹れます。

Goodpatch オフィス


ミーティングルームは2部屋。壁面は両部屋ともすべてホワイトボード。

Goodpatch オフィス


Goodpatch オフィス


続いて執務エリアです。こちらも基本的にはフリーアドレス制をとっているんだそうです。

Goodpatch オフィス


間仕切り代わりに使われていたのが、こちら。デスク周りを広々と使えるようにメンバーそれぞれにロッカー代わりに使えるボックスが用意されていました。

Goodpatch オフィス


そしてなんといっても目についたのが、ポストイットの数々。オフィスのいたるところに貼られていたポストイットのストック。ポストイットに書いて整理することはグッドパッチの文化になっているそう。

Goodpatch オフィス


伺った日にはビスケCDO(Chief Dog Officer)も出社されてました。Chief Design Officerの座も狙ってるんだとか。

Goodpatch オフィス


かわえぇぇぇぇぇぇ!!!

Goodpatch オフィス


実はグッドパッチには主に受託事業を担うメンバーが集まる東京スタジオとは別に、Prottなどの自社プロダクトを担うメンバーが集まるAnnexスタジオという別館があるんです。徒歩30秒と激近だったのでAnnexにもGO!

Annexも広い。メンバーの中には気分転換を兼ねて、働くオフィスを変えている人もいるんだとか。

Goodpatch オフィス


3Dプリンタもありました!

Goodpatch オフィス


フリースペースもゆったり。

Goodpatch オフィス


天井が高いところにはグッドパッチのロゴを糸を組んで刺繍デザインしたものが!

Goodpatch オフィス


いやはや、働きやすさ、グッドパッチらしさが随所に垣間見れた見どころ満載のオフィスでしたっ!

Goodpatch オフィス


文 = CAREER HACK


関連記事

特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから