2015.06.03
ホントに東京?自然を眺めながら働ける『Viibar』のオフィスにGo!

ホントに東京?自然を眺めながら働ける『Viibar』のオフィスにGo!

ホントに東京?そう疑いたくなるような『Viibar』のオフィスにGo!一面ガラス張り、屋外に広がる緑、映画監督の名がついた会議室…動画制作クラウドソーシングにおける新旗手『Viibar』のステキなオフィスにおじゃましました。

窓の外には緑!社内も広々!開放的な『Viibar』オフィス

今回、「オフィスへGo!」企画でおじゃましたのは、2015年に移転したばかりという『Viibar』のオフィス。2015年5月にはヤフーとの資本提携を発表し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しているスタートアップ。さて一体どんなオフィスなのか?見ていきましょ~。

エントランスには光るロゴが。

Viibar_オフィス


そして洗練されたデザインの受付用電話が目を引きます。このシンプルさ…おしゃれです。

Viibar_オフィス


オフィスへとつづく廊下。
…ん?オフィスの向こう側には何やから光が差し込んでいるようですが…

Viibar_オフィス


どどーん!と、広がっていたのはフリースペース。
みなさん、思い思いのスタイルで作業を行なっていました。

Viibar_オフィス


窓はガラス張り!
しかも外には大自然がある…森だ!ここはもう森だ!!

Viibar_オフィス

じつは国立科学博物館付属自然教育園、前のビルに入っているオフィス。高い建物が少ないこと、自然を眺めながら働けることも、こちらの物件に決めた理由だそうです。


眺めもさることながら、フリースペースも開放感にあふれています。

Viibar_オフィス


スタンディングでミーティングをすることも。

Viibar_オフィス


ここにプロジェクターを設置して、みんなで制作された動画の試写会を頻繁に行なっているそうです。さすが動画に特化したスタートアップ。

Viibar_オフィス


照明にもこだわりが見えます。

Viibar_オフィス


こちらフリースペース奥にあるコーヒースペース。働くメンバーは自由にコーヒーを飲んでOKだそう。

Viibar_オフィス

Viibar_オフィス


つづいてはミーティングルーム。木とモノトーンを基調に統一感があります。

Viibar_オフィス


それぞれミーティングスペースには映画監督の名前がつけられています。

Viibar_オフィス

Viibar_オフィス


最後にご紹介するのが、メインの業務スペースです。
今後の拡大を見据えており、まだゆとりがある状態。

Viibar_オフィス

Viibar_オフィス

Viibar_オフィス


どの席に、誰が座っているのか、すぐにわかるように名前と写真が貼り付けられていました。急拡大しているなかでも社員同士がコミュニケーションを取りやすくする取り組みといえますね。

Viibar_オフィス

オフィスやフリースペースを広く活用しており、みなさんリラックスしつつ、集中して働いている、そんな様子がとても印象的でした!

さあ次はどのオフィスにおじゃましようかな~お楽しみに!


▼『Viibar』CEO 上坂優太さんのインタビューはコチラ!
MBAは会社を幸せにするか?『Viibar』CEO上坂優太がビジネススクールで得たモノとは。


文 = CAREER HACK


関連記事

特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから