2020.09.18
「人を動かす力を学べ」LINE 二木祥平を変えた一言

「人を動かす力を学べ」LINE 二木祥平を変えた一言

インターネット業界で働く若手PM(プロダクトマネージャー)を応援!みんなどう勉強してる?先輩が歩んできたキャリアって?理想のロールモデルとは? LINEの二木祥平さんにキャリアを振り返りつつ、新人時代に大切にしてきたことを伺いました。

29 4 0 3

※キャリアハック人気連載『PM1年目の教科書』スピンオフ企画、オンラインイベント『PMお悩み相談室』よりお届けします。キャリアハック主催『PMお悩み相談室』参加に興味がある方は、ぜひこちらからメンバーになってください!次回開催時にお知らせをお送りさせていただきます。

新人時代は「テスト業務」がメインでくすぶっていた

+++

僕の場合、もともと大学生の頃にアプリを作るコンテストに出たりしていて、そこでプロダクトを作り始めたのがPMとしてのキャリアの最初かなって思います。

余談ですが、そのコンテストではサイバーエージェントが提供している『タップル誕生』の前身で『Facematch』というサービスもエントリーしていて、彼らが優勝して僕らは3位だったんですよ(悔)

その後、リクルートに入社して。この時の僕は「スキル厨」みたいな感じでしたね。「開発やるぞ」とか「マーケティングやるぞ」と意気込んでいた。研修もあったし、すごく充実していたなという感じでした。

その後、本配属でめちゃくちゃ大きいサービスに配属されて、少し歯車のような感じ。ここでグラフがどんどん下がっていってますね(笑)

最初はQA業務が多く、「1年目だからまずはテストよろしく」という感じ。具体的には、フォームの入力項目に文字を1文字1文字入れてチェックして。それを朝から夜中までやる。

いま思うととてもいい経験でしたけどね。先輩の仕様書を読み込んで、その通りにQA項目を作りこんで。その時期に仕様書の書き方とか基礎ができたなと思いますが、当時はそんな上司の意図も汲み取れずモチベーションが下がり気味でした(笑)

上司の前で泣いた日

このままテスト業務をやり続けるのは嫌だったので「やりたい企画があるのでやらせてほしい」と生意気を言っていました。さらにせっかく研修で学んだんだから「開発もやりたい」と。

そしたら当時の上司が各所に調整してくれて「一人プロジェクト」みたいなことをしばらくやっていました。外注先がSIerだったので朝、仕様書を書いて、お昼にはSIerの拠点に行って開発し、オフィスに戻ってきてQAしてリリースするみたいな日々も。

その後も言えば色々やらせてくれる環境に甘えて、1年がかりの大規模プロジェクトにアサインしてもらったり、新規事業の立ち上げも任せてもらえるように。ただ、この頃、担当プロジェクトはどんどん遅れるし、サービスを出しても、全然刺さらないし…。「全部ひとりでやりたい病」だったので、かなり独りよがりな働き方をしてたと思います。

けっこう意気揚々とやってたんですよ。「俺ならアジャイルで、このプロジェクトを2ヶ月で出す」みたいな。「周りのやり方はイケてない。なんでこのプロジェクトに1年かかんの?」みたいなことまで言っていた。

その調子で自分でワイヤー描いて、自分で企画して開発してってやってたら、完全にパンク。プロジェクト初期の起案時から、コスト2倍、納期3倍みたいな。プロジェクトマネジメント的には散々な結果になりました。その後2週間くらい過労で入院。この時期はもうどん底でした。プライベートでも上手くいかず、ダブルパンチでしたね(笑)

今思うとこれが大きな挫折だったかもしれないですね。はじめて上司の前で泣きましたもん。「すみません...できなかったっす...」って。

当時、上司に「お前は人を動かす力を学んだ方がいい」と言われて。それまで完全に「スキル厨」だったのですが、開発、デザイナー、営業と向き合って、どれだけ良いものを作れるか。周りと進める、ということ考え始めるようになり、それがひとつのブレイクスルーでした。

周りを巻き込めると、「自分のスキル」も倍速で増えていく

「周りの人と一緒にやる」ということを覚えたら、すごく上手くいき始めて。逆に言うと、いろんな人たちの力を借りながら、その力を盗める。自分のスキルも倍速で増えていった感覚がありました。

その後LINEに転職して、現在はLINE広告や公式アカウントのPM組織全体のリーダーみたいなポジションです。これまでは「開発と現場でどんどん作る」が多かったですが、今はどっちかと言うと開発のリーダー、営業のリーダーと、会社やプロダクト全体をどう動かすか?という発想になってきていますね。

動かす規模感が大きくなり、その規模感ならではのダイナミックな動かし方とか進め方を学ぶ日々はとても刺激的です。ただまぁ「1日中ワイヤー書きてぇな」と思う日があったりもして。現場と経営を行き来してバランス取ってる感じですね(笑)

さらに詳しく、二木さんの新人時代が知りたい方はこちらもあわせてご覧ください!
なぜ君は仕事を任せてもらえないのか。新米PMが最初に身につけたいマストスキル
雑談することも、PMの仕事。メンバーと対立しないプロジェクトマネジメントの心得
納期ってムリに引く意味ありますか?LINE 二木 流 プロダクト開発論


文 = 白石勝也


特集記事

リモートワーク時代の戦い方

新型コロナウイルスの影響によって進むリモートワーク。とくにテック企業でいち早く導入され、日々アップデートされている。リモートワークが当たり前となるなかで、いかに働き方を変え、さらに組織として戦っていくか。各社の取り組み、工夫、リモートワークのやり方などに迫ります。

AFTER 2020

時代は平成から令和へ。そして訪れる「2020年以降」の世界。2020年からの「10年」をいかに生きていくか。より具体的に起こすべきアクションのヒントを探る連載企画です。お話を伺うのは、常に時代・社会の変化を捉え、スタートアップと共に"一歩先”を見据えて歩まれてきた投資家のみなさんや、未来を切り拓く有志者のみなさん。それぞれが抱く「これから10年間で現実的に起こり得ること」と「新しい生き方」の思索に

お問い合わせ
取材のご依頼やサイトに関する
お問い合わせはこちらから